静岡交響楽団|静響|Shizuoka Symphony Orchestra
トップページ>メンバー紹介

静響の楽団員紹介:Member Plifile

静岡交響楽団|静響|Shizuoka Symphony Orchestra

 静岡交響楽団は1988年11月「静岡室内管弦楽団“カペレ・シズオカ”」として設立、静岡県内初のプロオーケストラとして活動がスタートしました。1994年音楽監督・指揮者に堤俊作氏を迎えたのを機に「静岡交響楽団」と改称。

 楽団員は県内在住者と県内出身者を中心とした優秀な演奏家で構成され、定期演奏会をはじめ、県の公式行事、外国からの指揮者・ソリストの招聘、オペラ公演、企業協賛のコンサート、青少年のための音楽鑑賞会など積極的に取り組んで参りました。

 特に2002年度からは静岡県文化財団主催の「グランシップ&静響コンサートシリーズ」また企業協賛の「静岡ガスニューイヤーコンサート」「静鉄コンサート」2007年からは「静銀コンサート」等が本格的にスタート、我が国を代表するソリストや海外で活躍する著名な演奏家との共演も年々増えております。

 また2005年度から静岡県文化財団との共催で、学生を対象とした「グランシップヤングオーケストラ塾」、そして2006年には楽団主催の大学生以上の成人を対象とした「静響オーケストラ倶楽部」等、県民に密着したオーケストラ作りがスタートしました。

 静岡交響楽団は「しずきょう」の愛称で県内外の音楽愛好家に親しまれ、クラシック音楽に触れる機会の少なかった人々にも着実にファンが広がっています。

 1991年11月静岡交響楽団を支える「後援会組織」が発足。2008年3月、承認条件が難しく永年の夢であった社団法人日本オーケストラ連盟の準会員の承認を受け、名実ともに一流オーケストラの一員となりました。同年11月には創設20周年を迎え記念誌を発行、常設オーケストラ化に向け大きく動き出し、今日に至っております。

The Shizuoka Symphony Orchestra is one of the leading orchestras in the central part of Japan. Founded in November 1988 as "Shizuoka Chamber Orchestra -Kapelle Shizuoka", the orchestra was renamed "Shizuoka Symphony Orchestra" with Shunsaku Tutsumi as the first Musical Director in 1994. The Shizuoka Symphony has established a strong reputation through its subscription concert series, opera and ballet assignments, various educational programs and partnership with Shimizu Marinart Concert Hall. Yasuo Shinozaki has been the Artistic Advisor and Chief conductor designate since September 2014 and will become Chief conductor from September 2015. Under his guidance the Orchestra carries out regular subscription concerts at Shimizu Marinart Concert Hall in Shizuoka while also continuing special concert series.

常任指揮者
第一コンサートマスター
ソロコンサートマスター
チェロ
コントラバス
オーボエ
クラリネット
ファゴット
トランペット
  • 小島光博
トロンボーン
ピアノ
役員

  • *準団員